泊手

泊手(とまりて)は一説によると山東省からの漂着民が伝えたと言われていますが、確証はなく、首里手や那覇手に比べると歴史背景はあいまいです。技術的には「北谷屋良のクーシャンクー」などの型を残していますが、泊手の代表的な松茂良興作でさえ首里手と並行して学んでいるなど、泊手のみの伝承者は少なく、事実本土空手が広まった時に純粋な泊手が広まることはありませんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加