空手について

空手発祥の地・沖縄
沖縄は小さい島々からなる、美しい自然景観と独自の歴史と文化を有します。12世紀頃、按司(あじ)が現れ、城(グスク)を築き村々を支配しました。...
沖縄空手が全国に広がる
日本に明治政府が誕生したのちに実施された廃藩置県の後、空手は体育的に優れていることが専門家に認められて学校体育に採用されるようになり、スポー...
そして世界へ
海外へは、昭和2年(1927年)に屋部憲通がハワイで空手を紹介したのに始まり、昭和9年(1934年)には剛柔流の開祖、宮城長順がハワイ洋国時...
空手の流派
空手、古武道は本来秘技であり、門外不出の武道として秘密裏に受け継がれてきました。ほとんどが口述や個人指導で伝授されたので、非常に文献が乏しい...
首里手
首里手(しゅりて)は捧術と拳法の各人、松村宗棍(まつむらそうこん)、糸洲安恒(いとすあんこう)などを生み出した系統であり、中国北派拳術の影響...
那覇手
那覇(なは)には福州からの帰化人が多く、また那覇の港は貿易港として栄えており多くの中国人が行き来していたため、武術の交流も盛んに行われていま...
泊手
泊手(とまりて)は一説によると山東省からの漂着民が伝えたと言われていますが、確証はなく、首里手や那覇手に比べると歴史背景はあいまいです。技術...
糸洲十訓
糸洲十訓(いとすじゅっくん)とは近代空手道の祖、糸洲安恒先生が、空手(唐手)とはいかなるものかということを論理的に解明し、後世のために残され...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加