回転系の蹴りは難しい

なんだか春を通り越して夏の陽気です。
昨日今日と半袖で過ごしてしまいました。
こうなると稽古場も暑くて大変です。


今日は蹴りの練習。
「下段回し蹴り→裏回し蹴り」「回転横蹴り」「回転後ろ蹴り」などのトリッキーな技をやりました。
2人一組でミットを使って練習しますが、そもそもミットに当たりづらい。
目標から目を離すと命中率が著しく下がります。
特に回転系の蹴りはどうしても一瞬目が離れるので、出来る限り目を離す時間を少なくすることが大切です。


また、この手の蹴りはバランスを崩しやすいため、下手に使うと自分のほうが危ないものです。
蹴るなら思い切って蹴る、蹴らないならあっさり止めておく。
中途半端は一番いけません。


その後は各種裏拳と手刀、背刀の練習。
力まずに、鞭を振るイメージで打ちます。
突きとは違い、色々な場所から、色々な軌道で打てるので、使えると非常に便利です。
空手らしい技でもあるので、しっかり練習しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です