単純な技ほど奥は深い

残すところ、あと2回となった土曜日の稽古。
今日は基本的な移動稽古をやりました。
基本と侮ること無かれ、実は単純な技ほど奥は深いのです。


移動稽古
・追い突き
・追い突き→逆突き
・正面蹴り
・寄り足前蹴り


特に追い突きは体重移動・腰の回転・腕の伸ばし・拳の回転を、効率良く行わなければならないため、非常に難しいものです。
はっきり言って初心者がやるにはかなり厳しく、ものにするにはかなりの鍛練が必要です。


その後は各自の型。




個人的練習

今日は約束二本組み手。上段刻み突き→上段逆突きを受ける稽古。



個人的反省点


・2発目を受けるときに肘が開きすぎる
→どうしても恐怖心があるため、力で押し返そうとして肘が開いてしまう。
 落ち着いて、恐怖心を抑えること。
 「当たらなければどうということはない!」の気持ち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です