蹴りは「腰で蹴る」

残すところ、あと2回となった火曜日の稽古。
今日は主に前蹴りと回し蹴りの「腰で蹴る」感覚を養う練習をしました。
足を自転車のチューブで引っ張るのに反発しての蹴り。
足だけで蹴っているとチューブに負けます。
チューブ→素振り→ミットで成果を確かめました。
しっかり腰を回して蹴れば威力倍増したでしょ?


受けは外払い・内払いの練習。
ガッツリ受けるのではなく、体を捌き、流し気味に受けるのがコツ。


後は個人別で型の練習。




個人的練習

今日は約束二本組み手。上段刻み突き→中断逆突きを受ける稽古。
大きく分けて前手→前手、前手→後手、後手→前手、後手→後手の4通りの受けがある。
受けの種類を変え、さらに反撃も入れると膨大なパターンとなる。
臨機応変に効果的な受け→反撃を出来るようになるには練習あるのみ。


個人的反省点


・1発目の受けで無意識に真後ろに下がってしまう。
→落ち着けば左右に捌けるので、まずは落ち着くこと。
 あとは前に出て受ける勇気。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です