ニューヨークを騒がす盗賊「ニンジャ・バンデット」再び

ニューヨークを騒がす盗賊「ニンジャ・バンデット」とは?
昨年9月にあったニュース、「【米国】黒装束&ヌンチャクの“忍者”強盗が出没、未だ捕えられず怯える住民…NY・スタテン島」の続報です。
ただの覆面強盗かと思いきや、ヌンチャクを装備しているので「ニンジャ・バンデット」と呼ばれているそうです。


ニンジャ・バンデットは黒装束にマスクをつけた強盗だ。今回の住居侵入強盗は、昨年5月以降に発生したニンジャ・バンデットによるものと見られている18件の事件のパターンに合致しているという。
すでに18件やらかしていて、今回は19件目の模様。忍びの逃走技術は高いようです。
最新の事件は先週水曜から金曜のあいだ、キャッスルトン・コーナー地区で発生した。 報道によれば、犯人はスライドドアから住居内に侵入し、何千ドルもする宝石を持ち去ったそうだ。
今回も逃げおおせたようですが、「先週水曜から金曜のあいだ」というのはどういうことでしょう?えらく曖昧ですが、その間は新年の休みだったのかな?
今回は見つからなかったので、ヌンチャクの出番は無かったようです。しかし、前回は住人のステーキナイフに負けているので、シュリケンやニンジャソードなどを装備しているかも?当事者達は笑い事ではないですが、なんだか笑ってしまいます。にんともかんとも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です