征遠鎮の分解

今日も師匠と二人で稽古。
ミット打ちと征遠鎮の分解をやりました。
久々のミット打ちは全然ダメ。
一応巻き藁は毎日こつこつやってますが、それとはやっぱり違います。
特に突きがダメダメでした。肩に力が入り、突きの軌道がフック気味になってしまい、脇があきます。
もっと日常的にミット打ちが出来ればいいのですが、そういうわけにもいかず、悩める日々が続きます。
征遠鎮の分解は一応最初から最後まで完了。
やはり分解を教わる前と後では意識が全然違いますね。
型の動きだけ真似てもだめというのが良くわかります。
そう考えると「ベストキッド3」の最後でダニエルさんがやった征遠鎮もどき、あれは全然ダメですね(笑)
あとは糸洲の抜塞(バッサイ)を始めました。
以前に松村の抜塞を少しやったのですが、すっかり忘れていました。
今回は糸洲のほうです。
少しやっただけなので分解どころか順番も覚えられません。
でも松村のよりは覚えやすそうなので、がんばって覚えようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です