「少林寺の僧侶が日本の忍者に敗れた」というネットの投稿に、少林寺が謝罪を求めている

「少林寺の僧侶が日本の忍者に敗れた」というネットの投稿に、少林寺が謝罪を求めている
記事の一部を抜粋すると
「同紙によると、「Five Minutes Every Day」を名乗る問題のインターネットユーザーは、オンラインフォーラムに先週、ある日本の忍者が少林寺を訪れて決闘を申し込み、多数の僧侶がこの忍者に敗れたと書き込んだ。」
だそうです。
う~ん、漫画や映画の中の話じゃなくて、少林寺が本気で怒っているようです。
でも、忍者って中国まで渡ってわざわざ忍者って名乗って、決闘を申し込むんですか?
ずいぶん目立ちたがりの忍者ですね。
ぜんぜん「忍ぶ者」じゃないような気が・・・
wizardryかファイナルファンタジーのやりすぎでしょうか?
少林寺の勝ち負け以前にその忍者の存在自体が怪しいんですけど?
少林寺も一目で嘘、または釣りとわかるこんな書き込みに激怒するなんて、ちょっと大人気ないと思いますね。
それにしてもいったい誰がこんな書き込みしたんでしょう?
「忍者は武道で鍛えたプロの殺し屋で、その存在は中世の日本にさかのぼる。」
まあ、こんなことを書いている時点で日本人じゃないと思うんですけどね。
「中国と日本の関係は良好な時でも微妙であり、20世紀前半に日本が中国に侵攻して一部を占領したことをめぐる感情は、今でもくすぶり続けている。」
それなのに、こんなこと書かれてもなぁ・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です