今日の稽古

今日は久しぶりに師匠と2人で稽古でした。
最近は指導ばかりで自分の稽古がおろそかになっていたところ。
サシで稽古なんて久しぶりなので、しっかり身に付く稽古にしよう。
まずは基本の約束一本組手。
攻撃が当たっている訳ではないのですが、師匠は拳はもちろん、腕も硬いんです。
師匠の突きをちゃんと受けても、師匠の腕自体が硬いので痛いのなんの。
こっちの突きも、師匠の鉄のような腕で受けられるとこれまたすごく痛い。
ここまで鍛えると、受け自体が武器のようなものです。
ですから昔の人は徹底的に鍛えたそうです。
痛いと心と体が拒否反応を起こすので、どうしてもスムーズに体が動かずに、肩に力が入ってしまいます。
受けに力はいらないと、頭ではわかっていてもなかなか難しいです。
あとは最近おろそかになっていたセイエンチンの稽古。
以前に比べ、四股立ちがきつく、下半身の粘りが無くなっていました。
稽古不足で体力が落ちているのがわかります。
分解も教わり、なんとか全部出来るようになりました。
特に片手で外受け、もう片手で下段金的の受けは感心しました。
約束組手で両手がガタガタになってしまいましたが、たっぷり汗をかいて、久々に充実した稽古でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です