新しい型 【征遠鎮】

今日の稽古では、前回の審査の結果発表がありました。
非常に微妙でしたが、全員合格!
ほっとしました。


今日は突然新しい型を教わりました。
征遠鎮(セイエンチン)です。
四股立ちを多用した、鍛錬系の型ですね。
蹴りがないので、初めてでもバランスよく出来ました。


セイエンチンには思い入れがあります。
私が初めて空手を知った映画「ベストキッド」の第3部で、ダニエルがミヤギ先生に教わっていた型がセイエンチンでした。
もちろん、映画を見てたときはそんなことは知らず、「あ~、これが空手の型なんだな~」と思っただけでした。
その後、今の師匠の空手をやるようになり、「あの型はなんだろう?」と調べてみたところ、どうやらセイエンチンらしいとのこと。
なので、いつかセイエンチンを出来る様になりたいなと漠然と思っていました。それが今日、思いがけずに叶い、ハッピーな気分です。
師匠が明日から3週間、ネパール道場へ行ってしまいます。せっかく教えてもらった型を忘れないように、デジカメの動画で模範演武を撮りました。これで間違いなく練習が出来ます。師匠が帰国するまでに、完璧に仕上げるぜ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です